ブログ > 'ブログ'

プジョー207ヘッドライト交換、ボルボV70ヘッドライトのクリーニング

プジョー207ヘッドライト交換、ボルボV70ヘッドライトのクリーニング

2018.04.30

ホームページのお知らせの通り、5/2(水)~5/6(日)までゴールデンウイークの連休をいただきます。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたしますm(__)m

 

サンクス&トラストはほとんどがボルボのお客様なのですが、もちろん他の輸入車・国産車・軽自動車なども整備や車検・新車/中古車のお取り扱いもさせていただいています。

 

今回はボルボV70のお客様の奥様の御車のプジョー207のフロントバンパー/右のヘッドライト付近を事故で破損させてしまったということでご依頼をいただきました。

どんな感じか見せていただくと右のヘッドライトレンズ(表面のプラスチックカバー)が破損していて交換しなければならないようになっています。

フロントバンパーも修理というよりは基本的には交換するかんじなのですが、ゴールデンウイーク前で部品や鈑金/塗装の日程などの都合もあり、とりあえず右のヘッドライトさえ交換すれば走行できるので部品を手配することにしました。

 

今回は中古部品が手配出来ましたので早速交換していきます。

・・・・とはいうものの、僕はこのプジョー207のヘッドライト交換をしたこが無いのでヘッドライトの交換方法を調べると、フロントバンパーを脱着して交換するようになっています。

 

まぁ実車をみたらフロントバンパーを外さないとというのはすぐにわかったのですが、先ほどのヘッドライトを交換したことがないというのと同様にフロントバンパーの脱着方法ももちろん知らないので色々と調べながらの作業です。

車種を問わずフロントバンパーを外すだけで一気にさみしい?かんじになりますね。。。。

 

今回は特に右のコーナー付近が損傷しているので、バンパーを外すとバラバラと破損した部品が外れたり落ちてきたりしているのでそれらを必要な部分は修理しながら交換しました。

実際に作業してみるとそれほど難しくない作業だったのですが、ボルボも含めて初めてする作業というのは結構精神的?にも疲れたりするものですね(^^;)

 

このプジョー207もそうなのですが、ヘッドライトの表面カバーがガラスではなくプラスチックの場合は表面が劣化してきます。

見た目も悪いですしヘッドライトの光量も落ちてくるので車検に通らなくなる場合もあります。

 

先週お預かりさせていただいたボルボV70(2005年式、YV1SW~)のヘッドライトも同様な感じだったので、クリーニング&コーティングをさせていただきました。

ヘッドライトがこのような状態だと、せっかくキレイに洗車やワックスをしてもイマイチ?キレイな見た目にならないので是非クリーニングはおすすめですよ!(^^♪

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

スウェーデン旅行記①

2018.04.27

今日は整備ブログではなく、昨年の9月にボルボの故郷のスウェーデンに行ってきた時の事をお話しさせていただきたいと思います。

思い出しながらダラダラ?と書いていくので全部で何話になるかわかりませんが、通常の整備ブログの間に不定期で書いていきますね。

 

ここ数年、年に一度秋くらいにヨーロッパに行かせていただいています(まぁ独り者で酒もタバコもしないので、自分へのご褒美?!てきな意味で(^^)/)。

それで昨年の9月にボルボの故郷のスウェーデンに初めて行ってきました。

ボルボに携わって約28年目にして初めてのスウェーデンです(^^♪

 

毎年何かツアーでというよりは、飛行機とホテルをネットで手配して後は色々と周る・・・というやり方です。

この時の飛行機代は往復全部込みで約12万円くらいです。

 

出発は関西国際空港からいつものフィンランド航空(フィンエアー)で出発です!

スウェーデンのお隣のフィンランド・ヘルシンキが北ヨーロッパのハブ空港になっているので、いつもヘルシンキまで約9~10時間の飛行機の旅です(なかなかにしんどいです(+_+))。

 

このヘルシンキからヨーロッパ各地に飛行機に乗り換えていくので、いつもたくさんの人で溢れています。

僕もここで飛行機を乗り換え、スウェーデンに向かいます。

 

通常スウェーデンの首都のストックホルムに向かうには「アーランダ空港(ARN)」に向かうのが一般的ですが、今回の旅は偶々になりますが「ブロンマ空港(BMA)」へのアクセスになりました。

ブロンマ空港は古く小さい空港ですが、ストックホルム市内にはアーランダ空港に比べて遥かに近い空港です。

関西でいえば伊丹と関空の違いのような感じかもですね。

とは言っても伊丹空港とかよりも遥かに田舎の空港で、ホントに何もないのっぺりとした空港です。

飛行機もプロペラ機で座席も狭いし音も物凄いし、このタイプの飛行機はやっぱり苦手ですね(-_-;)

(ちなみに上の画像は帰るときの画像です。スウェーデン国旗のトートバックはプレゼント企画でご紹介しているものです)

 

空港で荷物を受け取ってストックホルム市内へのバスに乗ろうとしていましたが、まさかのアクシデント!・・・僕の荷物が来ない!!!(@_@)

夕方5時くらいだったので空港職員も帰る感じで・・・係に聞いてみると「もう今日の荷物は出てこないよ」と。。。

マジか?!と思いながら空港カウンターへ行き係員に言うと何の表情も変えずに「では荷物が出てきたら連絡するのでこの書類を書いてください」と当たり前のようにあっさりと。。。

同様の感じの旅行者が5~6名いましたね。。。

いやいやいや、一言申し訳ございませんとかないのか??などとブツブツ言いながら書類に記入していると、コンベアが急に動き出し・・・僕の荷物も無事に出てきたのでホントに良かったです(-_-;)

 

ストックホルム市内へのバスに乗りストックホルム中央駅に!

日本でいう東京駅みたいなものですが、それほど人も多くない感じで日本との人口の差を感じます。

 

ここから本日の宿のある「ガムラ・スタン」と呼ばれる大阪の中之島のような場所(島)に向かいます。

歩いても行けなくはないですが、時間も遅くなってきたのでタクシーに乗りました。

 

「ガムラ・スタン」は宮殿や博物館や大聖堂などがある旧市街地で観光の名所です。  

日本でも有名なノーベル博物館もこの島にあります。

 

ヨーロッパのタクシーは日本よりも1.5~3倍くらいするイメージです(事実上チップも取られますしね。。。)

ストックホルムやこのガムラ・スタンへの道中にも感じていまして、上の画像を見ていただくとお判りかもですが・・・ボルボの故郷のはずが思ったほどボルボを見かけません。。。

VWやBMWやベンツなどが多く、日本車はあまりみないですね。。。

むじろ日本車よりも中国・韓国車のほうが多いと思います(ロンドンやドイツでも同じ感じでちょっと寂しいです)。

ボルボの故郷なので、古いボルボ(アマゾンとかP1800的なものも含めて)がたくさん走っているのかな??とか思っていましたが、多くが現行車・古くても7/8~10年以内のボルボばっかりな印象でした。。。

 

ホテルについてびっくり?!したのはエレベーターです。

大きなかなり思い金属の扉を手前に引くとエレベーターに乗れます。

最初これがわからずマゴマゴ?していると、同じ観光客の外人が教えてくれました(^^♪

その後いろんな場所で同様のエレベーターが多かったので、このタイプのエレベーターは普通みたいですね。

 

ホテルの部屋はシングルでオーダーしたのですが、画像のように3つもベッドのある部屋でした。

ものすごく立派な風に見えますが、トイレ・シャワーは共同で洗面所すら有りません。

1泊約¥7000くらいでした。

 

今回はここまでです。 また次回につながりますが、こんな感じでまったりと書いていきますね(^^♪

せいや。

 

 

 

久々整備ブログm(__)m ボルボV70/オルタネータ・ボルテージレギュレター交換

2018.04.26

申し訳ございません、なんだかんだと丸々1年ほど整備のブログを休止させていただいておりましたm(__)m

色々と理由はあるのですが、以前ほどではないかもですがまた更新していきたいと思いますのでまたお付き合いお願い出来ましたら嬉しいです(^^♪

 

現在「スウェーデンのお土産グッズプレゼント」をさせていただいております!

ご応募まだの方は是非お待ちしておりますね!

**人気がトートバックにに集中しています(10倍以上の人気です)、まだご応募のないグッズなら当選する可能性も高いのです。

既にご応募いただいた方でもアイテムの変更も大丈夫ですよ!

 

今回は今年になって月に何件か続いている不具合で、ボルボV70(2006年式、YV1SW~)の発電機系の不具合です。

特に不具合もなく走行中などにメーターのエラーボードに「バッテリー デンアツフリョウ」と表示されたりします。

一般的な傾向として、2代目ボルボV70やボルボS60などで2000~2004年くらいまでは上記のエラーメッセージが点灯してバッテリーがそのうち上がって走行できなくなる、そして2005年以降はエンジンをかけ直すと一旦消えるが、またしばらくするとエラーメッセージが点灯するといった感じです。

これはオルタネータのボルテージレギュレターの不具合のうち、前期型は部品の内部不良での破損・後期型は単純に電極ブラシの摩耗によるものではないのかな?と思ったりしています。

オルタネータ・ボルテージレギュレターの前期型と後期型は見た目はほぼ一緒ですが、内部が違うようで互換性は有りません。

ちなみになかなか高額な部品で、ボルボ純正ですと前期型で¥30,240-、後期型だと¥54,432-もします。。。(@_@)

サンクス&トラストでは両方の型もボルボ純正よりもリーズナブルな海外OEM部品(とは言ってもボルボ純正と同じメーカーです)のご用意があります。

上の画像3枚目の色付きの矢印の部分が「ブラシ」と呼ばれる部分で。下の黄色矢印の方が短いのがお分かりになられると思います。

このブラシの先の電極棒への接触が弱く?なり接触不良になったりするようです。

最近ちょっと増えてきたこともあってサンクス&トラストでは約10万キロ目安でご提案させていただいたりもしています。

せいや。

ボルボ/スウェーデンのグッズのプレゼント企画です!!

2018.04.10

先にご紹介もさせていただいておりましたが、サンクス&トラストの8年目スタートを記念しまして(ブログ更新してないお詫びも含めm(__)m)グッズプレゼントのお知らせです!

昨年9月にボルボの故郷・スウェーデンに行ってきました時に購入しましたグッズを抽選でプレゼントしたいと思います。

ご応募数にもよりますが、締め切りは5/2(水)、発表は5/7(月)の予定です。

 

(1)ご希望の品の番号/名称と 「お名前」・「郵便番号」・「ご住所」・「電話番号」 を「ホームページのお問い合わせ」・「メール(seiya@thanks-trust.com)」・「LINE(ホームページのトップページにIDや等あり」でご応募ください。

ご希望の商品にもれた方でも、他の商品に応募が無い品があればそちらに振り替える場合もあります。

(2)ご応募いただきました品ごとに抽選させていただきまして、当選者の発表はこのブログにて苗字と都道府県を発表させていただきます。

(3)ご意見・ご希望も一緒に添えていただきますと大変嬉しいです(^^♪

全部で11点!たくさんのご応募お待ちしておりますね!!

 

①ボルボ本社(ビジターセンター)のショップ購入・Tシャツ

②ボルボ本社(ビジターセンター)のショップ購入・Tシャツ

③ボルボ本社(ビジターセンター)のショップ購入・ポロシャツ

④ボルボ本社(ビジターセンター)のショップ購入・ポロシャツ

⑤ボルボ本社(ビジターセンター)のショップ&雑貨屋で購入・ポストカード2枚(1枚折れ有)・ボールペン・おまけのMAP

⑥スウェーデンの雑貨屋で購入・ポロシャツ

⑦スウェーデンの雑貨屋で購入・Tシャツ

⑧スウェーデンの雑貨屋で購入・Tシャツ

⑨スウェーデンの雑貨屋で購入・ニット帽

⑩スウェーデンの雑貨屋で購入・トートバック

⑪スウェーデンの雑貨屋で購入・キーホルダー&ミニぬいぐるみのセット

 

間もなく、プレゼント企画させていただきます!(4/10頃発表~4/30日まで応募予定)

2018.04.01

久しぶりのプレゼント企画です!

 

サンクス&トラスト8周年スタート(ブログお休みしているお詫びを兼ねてm(__)m)を記念しましてボルボグッズのプレゼントをさせていただきます!

 

実は昨年の9月にボルボの故郷スウェーデンに行っておりまして、その時に購入したボルボグッズが数点ございますのでプレゼントさせていただきます!(^^)/

 

主にボルボ本社(ビジターセンター)のグッズ販売店でのシャツやスウェーデンの街で購入した物で、もしかしたら?!日本ではなかなか手に入らないものかもしれません?!

 

詳細はまた追って4月10日頃ご案内させていただきますので(最近ブログを更新してないので、ホームページを見られていない方も多いと思いますのでm(__)mm(__)m)よろしくお願いいたします!

本日からサンクス&トラストは8年目スタートです。本当にありがとうございます!!

本日4月1日はサンクス&トラストの開業から8年目のスタートの日になります!

 

これまでご縁いただきました皆様方、本当にありがとうございます!

 

お客様・関係者様・知人・友人達など本当にたくさんの方たちとご支援・ご協力いただきました事本当に感謝しております。

こうしてたくさんの方々とご縁いただいたことを思えば、不安の中思い切って0からこのサンクス&トラストをはじめさせていただいた事は本当に良かったと思います。

 

今年で僕も50歳になる歳ですが、頑張っていきますので今後ともよろしくお願いいたします!!(^^)/