ブログ > 'ブログ'

ボルボV70 時計が暴走?!&ハイビーム警告灯が点灯しない。メータ基盤修理

ボルボV70 時計が暴走?!&ハイビーム警告灯が点灯しない。メータ基盤修理

2015.08.31

今日で8月も終わりですね。

子供の頃はこの日が来る(夏休みが終わる)のがほんとにつらかったです(>_<)(僕はいつも夏休みの宿題を溜めるほうだったのでほんとにこの最終日は地獄?のような感じでした(笑))

僕は今月誕生日を迎えるのですが、ただ更におっさんになるだけなのでちっとも嬉しくありません(>_<)


今回はボルボV70(2001年式、YV1SW~)のお客様の修理をさせていただいたのですが、その時に「時計が暴走する」不具合が発生しました(;゚Д゚)!

時計の暴走とは何もしていないのにデジタルの時計が逆回転でずっと動き続ける感じです(時計の調節のつまみを左に回したまま保持したと同じ状態です)

走行し始めると止まったりするのですが、エンジンを再始動すると同じ現象になります。

お客様にお聞きしますと「何か時々そうなる・・・」とのことでした。

それともう一つはハイビームを点灯させた時にメータ上に青いお知らせが点灯するのですが、これも点灯しません(これは以前から時々なっているのを僕も知っていました)。

このハイビームのお知らせランプはちゃんと点灯しないと車検に合格しません。

この2つとも原因は「メータユニットの基盤不良」によるものです。

秋に車検を迎えられるのもあり今回ご一緒に修理させていただきました。

ちなみにメータ基盤の不良で多いのはブラックアウトなどと呼ばれる照明が点灯しなくなるものですが、この他に今回の2つのケース、あとは時々指示器のランプが点灯しなくなるなどのケースもあります。

通常ディーラーさんなどでは「メータ基盤の交換」になりますので、約25万円以上!!Σ(゚д゚lll)になりますが、サンクス&トラストでは基盤の修理でご対応させていただいております。

メータの脱着はそれほど難しくありません。

下記のメータの周りのパネルとコラム上部のカバーをパキパキ?と外してきます。

はめ込んであるだけなので、マイナスのドライバーがあれば外れます。 メータそのものは25mmのトルクスレンチ4箇所の固定のみです。

メータ基盤修理についてはお答えできませんが、修理後はボルボテスターによるリセットが必要になってきます。

ただ取り付けただけでは下の画像のように「エアバック」の警告灯が点灯したままになります。

なにかの作業をする際にメータを外したままエンジンをかけるとこのようにエアバックの警告灯が点灯してしまいますが、DIYなどでお車をイジる?ことがあるお客様も通常はメータを外されることはないと思いますが、同様の警告灯が点灯するケースとしてはエアコンパネルユニットがありますね。

よくナビなどを脱着する際にシフトレバーの関係でどうしてもこのエアコンユニットを外したままキーをアクセサリーに入れることがあります。

そうなるとエアバックの警告灯が点灯してしまいます。

もちろんそうなった場合はボルボテスターによるリセットが必要なので注意が必要です(よくオーディオ屋さんとかからお問い合わせがあります(^_^;))

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボXC70 イグニッションキーシリンダ交換

2015.08.29

今回はボルボXC70(YV1SZ~、2001年式)のお客様からお電話があり「エンジンキーが途中までしか回らない」とのお電話をいただきました。

兵庫県のお客様だったのですぐのご対応が困難なので、お電話で色々とご指示させていただきながら(JAFを呼んでいただき、JAF隊員にこうして・ああして)なんとかその場は運転できるように応急での処置をしてもらいました。

翌日サンクス&トラストまでご来店いただきまして状況の確認です。

この時はお盆休みに入る直前でディーラーも休みのため(原因的にボルボ純正でしか交換出来ない部類でしたので)、部品の入手もお盆前には出来ない感じなのですが、お盆休み中に九州へ車で行かれることを僕も少し前にお聞きしていましたので、多少不便でもこのボルボXC70を運転できるように再度処置をさせていただきました。

結果予定通り?九州へは行けたとのことで、お客様からは大変喜んでいただけましたので僕も嬉しかったです(^_^)

部品を手配させていただきましてお盆明けに入荷しましたので、再度ご来店いただきまして今度はちゃんとした修理です。

そもそもの原因は「イグニッションキーシリンダ」の内部が破損して、おそらく破片が引っかかってキーが回らないくなるという感じでした。

ということでイグニッションキーシリンダの交換になりますが、もちろん「キー」は1台1台違うのでこうして部品を手配してもボルボのパーツ本部でキーをカットを手配してもらうために約1週間ほどかかってしまいます。

なのでキーの回り?が引っかかるような感じになる場合は早めにディーラーや専門店にご相談されたほうがいいかと思います。

イグニッションキーシリンダの交換は「難しい」ということはないのですが、元々防犯上のこともあり、「簡単には外せないようになっている」ためそれなり?!に大変です。

ステアリングハンドルを外して内部の「アングルギア」と呼ばれるものを含むユニットを取り外します。

2005年以降のボルボV70などで「スベリドメイジョウ~~」などの表示が出た場合はブレーキプレッシャーセンサーかこのアングルギアかのどちらかが原因のことが多いと思います。

診断はもちろんボルボテスターで診断しないとわからないですが。。。。

イグニッションキーシリンダの交換はごねる?と数時間かかることもあるので、ちょっと根気のいる作業でもあります(^_^;)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボS40 オルタネーター交換

2015.08.28

ここ最近は中国の株式市場の下落でいわゆる「爆買い」も続くのかと懸念されていますが、先日大阪の難波・道頓堀に行った時は夕方平日にも関わらずものすごい人でした(^_^;)

友人が急にどうしても「かに道楽に行きたい!!」とのことだったので、道頓堀本店に先ず行ったのですが19時には「もう今日はいっぱいです・・・」・・・・道頓堀にはすぐ近くにもう2店舗ありますがそちらも同様の感じでした。

やはり中国人をはじめとする観光客?の方が大挙して来られているようで、そこかしこに観光バスも停まっていますし賑わっていました。

もちろんこれはこれで良いことなんでしょうが、御堂筋を挟んだ反対側の商店街はほとんど人がいなく・・・わずかな「立地」の差でも商売には影響を受けるんだなと感じました。

人の多いところが苦手な僕としてはちょっとこの付近は近寄りがたい感じかな?(^_^;)


今回はボルボS40(2006年式、YV1MS~)のお客様から「エンジンルームからなにか異音がしている」とのことでした。

あいにくお盆休み中だったので僕もすぐにご対応できずに、お車も警告灯などの点灯もなく走行も問題なさそうだったとのことだったので後日お預かりさせていただきました。

ただお預かりさせていただくのにサンクス&トラストまで向かっていただいている途中に警告灯が点灯しましたが、サンクス&トラストには無事に付いていただけました。

異音の原因は「オルタネーター」でした。

オルタネーターの異音はもちろん色々とありますが、「ウィ~ン!」といった感じのモーター音的な異音がしてくることが多い気がします。

こうなるとオルタネーター本体の交換になります。

上部から見るとオイルフィルターのすぐ左にあり比較的用意に確認できると思います。

ただドライブベルトを取り外す必要があるので、右フロントタイヤとインナーライナーを脱着する必要があります。

このようにオルタネーターがないとオイルフィルターの取り出しも簡単そうですが、普段はこのオルタネーターのおかげ?でオイルフィルターの取り出しがやりにくいです(^_^;)

それでも横置きの6気筒エンジンよりかはずっとやりやすいですがね。

そしてこのオルタネーターですが、ボルボ純正だとなんと¥151,200!! もします。。。。(>_<)  さすがに高すぎるよ・・・・。

今回はボルボ純正と同じメーカーの「DENSO」製のオルタネーターのリビルト品を手配させていただいて交換させていただきました。

ボルボ純正からすると大幅にリーズナブルな価格でご提供できます(^_^)

もちろんこういった電装系の修理の後にはボルボテスターによる診断/リセットも必要になってきますので、ディーラーさんやサンクス&トラストのような専門店での整備がオススメですよ!(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 右シートベルトが出たままで戻らない、シートベルトASSY(エアバック内蔵)交換

2015.08.23

お盆明けになってから急に「トンボ」をかなり見るようになったサンクス&トラストの周辺です。

サンクス&トラストの前は田んぼだというのもありますね。稲穂もかなり背が高くなってきてあと1月くらいで収穫になると思います。

トンボといえば「赤とんぼ」の相性の「アキアカネ」が身近で有名ですね。

僕も小学生のころは毎日のようにトンボとりをしたりしていた記憶があります。 指でくるくると輪をかいてトンボが目を回した隙にパッと!(あれってほんとに目を回しているのか不思議ですが、確かにそうやると容易に捕まえられます)。

ただこの赤とんぼことアキアカネは今は激減して、鹿児島などではほぼ全滅・お隣の三重県でも「準絶滅危惧種」に指定されたそうです。

確かに子供の頃はものすごいトンボの大群っていましたが、大人になってからはあまり見なくなったきもします。

生態系が変わるのは心配ですし、風物詩的な意味でもさみしいですね。。。。。


今回はボルボV70(2001年式、YV1SW~)のお客様からのご連絡で、「運転席のシートベルトが巻き戻ってくれない」とのご連絡でした。

見させていただくと確かに伸びきってしまって内部の巻き取りの機構が破損しているようです。

フロントのシートベルトはエアバック(SRS)の機構の一部ですので分解したりなどはしないほうが良いと思います(というか、こういったベルト関係の巻き取りの機構って分解して直すのは僕にはちょっと無理なので・・・(^_^;))

ということで交換させていただくことになりました。中古部品も入試できましたので。

一般的にボルボのシートベルトの交換はさほど難しくなく、Bピラーのカバーとシート部の取り付け部を外すと比較的用意に外せます。・・・・が・・・・・

この2代目のボルボV70などはちょっと手間がかかるのをすっかり忘れていました(^_^;)

1990年代のボルボは1枚目の画像のカバーを手前にバコっ!と外すだけなのですが、この2代目ボルボV70以降はこのカバーの丈夫にストッパー?がついているのでそうして外せません。。。。

ドアのウェザーストリップの内側にもストッパーがあるのでそれらも外します。

このBピラーにはエアコンの風のダクトもあるので下側からそれらを外し、カバーを下にずらして取り外しになります。

もちろんエアバックという爆発物の取り扱いにもなりますので、皆さんが取り扱いはせずに近くのディーラーさんか整備工場さんに依頼してくださいね。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV50 エアコンコンプレッサー交換

2015.08.20

お盆休みは特にどこかへは行ってはいないのですが、自分の家を建ててから11年以上経ったの、カーペットやらカーテン・畳の表替えと小さなソファ、それと自分の別途が結構ボロボロ?になったので買い換えることにしました。

一気にするとそれなり?に出費になったのですが、10年以上変えたことのない物ばっかりだったのでもう十分元は取った?!気もしますし(^_^;)

あまりこだわりのない方なので購入するのはあまり迷わなかったのですが、今あるモノの「引き取り(特にベットの分解/回収)」を一切合切をしてくれるところがなかなかなかったので(こっちの品は出来るけどあっちの品はできないとか)、何件も回ってようやく決まりました。

でもベッドにしろソファにしろ僕が買ったのはけっこうリーズナブルなものなんですが、金額の高いものはほんとに驚くくらい高額なものも少なくなく・・・・確かに良いものなんでしょうが僕には手が出ませんでした(^_^;)


今回はボルボV50(2006年式、YV1MW~)のお客様から「走行してしばらくするとエアコンが全く効かなくなる」とのご依頼でエアコンコンプレッサーの交換をさせていただきした。

サンクス&トラストのお客様はやはり2000年代のボルボV70系が多いのですが、今週はちょっと代数少なめのボルボS40/V50のともに2006年モデルが今回のエアコンコンプレッサー交換とオルタネーター交換という近い部品の作業です。

なので次回のブログはもう一台のボルボS40のオルタネーター交換の予定です!

ついで?!に午前中にまた別の2006年式のボルボS40のガソリンキャップの交換・・・という2006年式のYV1M~~の車が続く比較的珍しい?!日です。ほんとにこういったことってよくあって不思議です。

このボルボS40/V50系のエアコンコンプレッサー交換は以外にも?!今回が初めての交換でした。

とはいっても今までもご相談を受けたことはあったのですが、以外にも?!交換するのは初めてでした。

ドライブベルトを外すためにアンダーカバーと右のタイヤのインナーライナーを脱着する必要はありますが、エアコンコンプレッサーの交換はボルボV70と違って「サブフレーム」がない為に下から脱着出来ます。

最近の車でいつも驚く?のは使用している「エアコンガスの全量」の少なさですね。

ボルボ760/960のころは「1200g」程度必要ですし、2000年代中盤までのボルボV70でも「1000g」必要です。

このボルボV50は「530g」なので約半分の量で十分な冷却効果を生んでいます。

これもまた技術の進歩なのでしょうね。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボ940 インパルスセンサー(クランク角センサー/エンジンスピードセンサー)交換

2015.08.18

僕は視力は良い方(両岸とも1.5)なのですが、年齢のせいもあり老眼がかなりきつくなってきました(>_<)

去年くらいから急に気になるようになってメガネも作ったのですが、ここ数ヶ月くらいはまた急にきつくなってきた感じもあります。

本やメモを見たり書いたり』」・するのはほぼ老眼鏡をかけないときつい感じになってきましたが、パソコンに向かうことも多いのでそのときはメガネをかけるか迷います。

これってなるべく老眼鏡をかけないでのほうが良いのか、無理しないでかけたほうがいいのかどちらなんでしょうかね??


今回はボルボ940(1996年、Tモデル)の車検整備をさせていただいた時の不具合です。

このボルボ940もほんとにずいぶん台数が少なくなってきました。

比較的年数の経過しているボルボのお客様が多いサンクス&トラストでもいわゆる「FRボルボ」はめっきり少なくなりましたね。

このボルボも最終モデルから20年近く経過しているので仕方のないことかもしれません。

ただ車自体はしっかりしているのも少なくないので、そういったお車はわざわざ?お乗り換えされる必要性がないと思います。

特にこのボルボ940などは色々と「使い勝手が良い」のは確かなので(ラッゲージスペースも広くて使いやすいので)、よくオーナー様がお話されるのは「使い勝手がいいし、他に乗り換えたい車も見当たらないので」とお話される方も多いです。

僕もこうして長く乗っていただけるようにお手伝いさせていただけるように頑張りたいですが、特に内装部分や外装部分の部品が入手が困難になってきているのは困ったものです。。。

話はそれましたが、このボルボ940には「定番」のような感じの修理箇所もいくつかあります。

特に「エンジンが掛からない」に繋がる部品もいくつかあります。

当然、車検の時にはそういった部分を点検させていただきます。

その中の一つが今回のインパルスセンサー(クランク角センサー/エンジンスピードセンサー)です。

この部分についていて、この先がATオートマミッションの上部近くのエンジンに取り付けられているので目視は難しいです。

なので指で触って確認しまう・・・・点検すると表面の被覆がめくれているのがわかりました。

取り外してみると・・・

矢印の部分の被覆がめくれています。

こうなると普段はいのですが、水分や湿気で配線が大きくなりエンストやエンジンの始動不良になったりします。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

現行のボルボなどのメッキモールのくすみ?にワコーズ・メタルコンパウンドオススメです!!

2015.08.17

昨日までお盆の長期お休みをいただいておりまして本日より再開させていただいております。

日中はまだ暑いですが、お盆前に比べれば全然!って感じで暑さのピークは過ぎたのかな?

特に夜はエアコンをかけなくても寝れる感じになってきたので一安心ですヽ(´▽`)


今回は特に現行のボルボやメルセデス・ベンツ・アウディなどでもご相談を受けることがあるところです。

これらの車のドアモールなどにはアルミなどの部分が使われているところが多いのですが、それらが白い痕が無数に付いて磨いてもなかなか取れないんです。

画像は5年ほど前の年式のメルセデス・ベンツSクラスですが、このドアの水切りモールやドアの周辺のメッキ部分が画像のような感じになってしまいます。

よく水道の蛇口なども同じ様になりますよね。あれと一緒です。

数年前からこの跡を取るための溶剤やケミカルがたくさん販売されていますが、本当にピンからキリまでというか全然磨いても取れへん!という商品も多いのが実情です。

サンクス&トラストでは「ワコーズ・メタルコンパウンド」をおすすめしています。

今まで使ったモノの中では使い勝手も落ち具合もいい感じだと思います。

「半練り」タイプの商品ですので、ダラダラと落ちたり/こぼれたりすることもなく処理も簡単です。

市販のマスキングテープで良いのでモール以外の部分を養生します。

汚れのひどい時はメタルコンパウンドをつけて少し時間をおいてやると取れやすくなります。

あとは周りに飛び散らないようにひたすら時間をかけてゴシゴシ?と磨いてやります。

メタルコンパウンドが乾かないうちに贅沢?につけながら磨いてやるほうが簡単ですし汚れ落ちも早いです。 逆に乾き気味の状態だと汚れ落ちは良くないので布に新しいメタルコンパウンドをチョコチョコつけながら磨いていきます。

僕が今まで使ったケミカル類の中ではダントツに落ちると思います(もちろんもっと効果のあるやつもあると思いますが、僕が今まで使った中ではという意味です(^_^;))

機械か何かでブィ~ンと磨ければもっとキレイに取れると思いますが、ヘタにすると磨きすぎて傷をつけたりメタルコンパウンドが飛び散ったりので手で磨くのがベターかな?

いずれにせよ、根気のいる作業ではありますね(^_^;)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 電子スロットルバルブ交換 電気には気を付けないと・・・(^_^;)

2015.08.10

8/12(水)~8/16(日)の夏季休暇のお休みとさせていただきます。

誠に勝手ながらご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたしますm(_ _)m


今回はボルボV(2002年式、YV1SW~)の電子スロットルバルブの交換をさせていただきました。

初代ボルボV70の1999年以降は2002年のこの2代目ボルボV70まで同じ構造(造りが一緒なだけで車体番号によって基盤が違うので車体番号によって適合が変わってきます)ですが、何度かブログでもご紹介させていただいていますようにこの1999~2002年モデルまでの電子スロットルバルブは比較的壊れやすい?部類かなと思います。

2003年以降はまた電子スロットルバルブが変わるのでほとんど壊れたことがない印象です。

この電子スロットルバルブですが、ターボ車はインレットマニホールドの下についているので交換がちょっと時間がかかりますが、このボルボV70のようにターボがないタイプ(NA車)は「電子スロットルバルブの脱着」は割と容易です・・・・ただ電子スロットルバルブ「本体」は簡単なんですが・・・・「配線/ハーネス」の「取り回し」がちょっと面倒?です(-_-)

この配線/ハーネスは「セルモーター」の後ろ(エンジンとセルモーターの間)に通っているために「接続カプラ」を抜き出すためにセルモーターを外さなくてはなりません(取り出しまではしないでも言いのですが・・・)。

その時に上の画像の矢印の部分のボルトを取り外す必要があるのですが、ご覧のように奥まって触りにくい場所にあります。

レンチを使っての脱着でその際にもちろん腕をこの場所に突っ込んで作業するのですが、実は上記矢印の下の金色っぽい部分がセルモーターのマグネットコイルでその左側にバッテリーの「B端子」があります。

つまり常にバッテリー電圧がかかっています。

車のバッテリーはわずか12Vですのでバッテリーの両端子を同時に手で触っても、通常は全く感じない程度ですが・・・・この時は両腕にかなりの汗をかいていました(^_^;)

本来はバッテリー端子を外してこのB端子に電気が来ないようにしてから作業するのですが、いつもはこの作業くらいならこのまま作業するのでいつものように腕を突っ込ん作業し始めると・・・・汗だらけの腕に鈍い感じで「ビビっ・・・」と電気が来ましたΣ(゚д゚lll)

ちゃんと基本通りバッテリー端子を外して作業しないといけないですね。。。。(^_^;)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70オーシャンレースリミテッド ご成約ありがとうございました!!

2015.08.09

8/12(水)~8/16(日)の夏季休暇のお休みとさせていただきます。

誠に勝手ながらご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたしますm(_ _)m


車検や整備などをメインにさせていただいていますサンクス&トラストですが、もちろん車両販売もさせていただいております。

今もボルボと国産車の小型車で良い物があれば・・・とお話をいただいておりますが、なかなかお客様のご条件にあった良さげ?なものが見つかっていないので探しています(^_^;)

今は全国的に輸入車だけでなく軽自動車を含めて国産車も販売数は落ち込んでいるそうで、そうなると「下取り車/買取車」も必然的に減るので俗に言う中古車の球数も減っているかのような印象です。

頑張って探さないと!


今回はその販売車のご紹介です(^_^)

ボルボV70オーシャンレースリミテッドのご成約を大津市のT様ありがとうございました!

このボルボV70オーシャンレースリミテッドは2005年8月頃に発表された特別限定車です。

ポイントはとにかく目に止まるオーシャン(海)を連想させる鮮やかなオーシャンブルーパールのボディ色ですね!

ヨーロッパ車はこういった鮮やかなカラーがとてもよく見合うと思います。

2006年式(YV1SW~)でタイヤは標準で225/45-R17のサイズが組まれています。

車検を2年取得させていただいて、フィルタや油脂類などはすべて交換させていただきました。

T様は初代ボルボV70AWDからのお乗り換えをいただきましたが、その初代ボルボV70もいつもピカピカに大事に乗っておられましたので、このボルボV70も長く大事に乗っていただけるよう整備させていただきました。

この度はボルボV70オーシャンレースリミテッドのご成約ありがとうございました!

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

「パワーエアコン(+)プラス」好評です! ボルボS90エアコンコンプレッサー交換

2015.08.08

早い人ですと今日から1週間のお盆休みに入られている方も少なくないようですね。

サンクス&トラストは12(水)~16(日)お休みをいただきますが、皆さん聞いてみると同じような日程でのお盆休みの方が一番多く聞きします。

その休みのせいもあってか高速道路は早朝からかなりの渋滞になっていますね。

これだけ暑くなって渋滞にハマって?!しまうと、特にエアコンのコンプレッサーが壊れやすくなります。

本日もボルボS90のエアコンコンプレッサーを交換させていただきましたが、特に年数や走行距離の多いお車は人だけでなく車のためにも休み休み?ドライブされることをおすすめします。

そんなエアコンの為にもオススメがワコーズの「パワーエアコン(+)プラス」ですが、本日はボルボV70が2台そしてフィアット500にも注入させていただきました(^_^)

価格もサンクス&トラストでは¥3780でさせていただいておりますので、エアコンコンプレッサーの保護のためにもオススメです。


本日はそのボルボS90(1998年式、Wモデル)のエアコンコンプレッサーを交換させていただきました。

急にエアコンが全く効かなくなったとのことでご来店いただきますと、エンジンルームにあるエアコンシステムのヒューズが切れていました。

ボルボ960やボルボS/V90はエアコンコンプレッサーが悪くなってくるとこの部分のヒューズが切れます。

ヒューズを交換するとしばらくは大丈夫ですが、エアコンコンプレッサーのマグネットクラッチが不具合のあるものは熱を持ってくるとまたこのヒューズが切れるので根本の原因のエアコンコンプレッサーの交換が必要になります。

本来?でしたらエアコンコンプレッサーのマグネットクラッチだけの交換でも済みますが、部品がかなり高額で社外OEMのエアコンコンプレッサーASSYとそれほど大差がなかったりするのでコンプレッサー本体が壊れる可能性との兼ね合いも含めてサンクス&トラストではコンプレッサーASSYでの交換をおすすめしています。

正直この6気筒エンジン(ボルボ960やボルボS/V90)はある程度年数が経つとほとんどその車もこのような不具合になる感じがします。

逆に今になってまだ一度も交換したことがない個体ってあるのかな??(走行距離がめっちゃ少ないとかはべつにして・・・)

そして最後にはおすすめのパワーエアコンプラスの注入をさせていただきました!(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

次へ »