ブログ > 'ブログ'

以前のブログでのボルボS80の事故の件のことで・・・ボルボのイメージのつぶやき(^_^)

以前のブログでのボルボS80の事故の件のことで・・・ボルボのイメージのつぶやき(^_^)

2015.06.30

今週はサンクス&トラストにしてはめずらしく?!「中古車販売」させていただきましたボルボ2台(ボルボS80(2007年式)、ボルボS40(2006年式))のご納車の準備をさせていただいております。

在庫車を持たないサンクス&トラストに、こうしてお車の「選別を任せていただいて」ご購入をしていただけますお客様に本当に感謝しておりますm(_ _)m。

そしてそのボルボS80ですが、以前のブログ(6/12ブログ ボルボS80 追突事故・・・・ボルボの衝突安全性)にその事故の記事をアップさせていただいたのですが、そのお客様の職場やお知り合いの方たちの間でも色々と評判??となっていたとのことをお客様にお聞きしました。

当該のボルボS80はまだサンクス&トラストに保管させていただいているのですが、他のお客様もご来店にご覧になってご感想もお聞きします。

よくご質問されるのが大きな(深い)リアの損傷具合を見て「ボルボってそれほど『頑丈』っていう訳では無いの?」ということです。

『頑丈』・・・「ボルボ」のイメージで連想される言葉でこの言葉が最上位くらいにランクされるのではないのでしょうか?

僕もボルボに携わった当初はそう思っていました。

もちろんこの言葉は間違いではないでしょうが、僕が考えるボルボのイメージは「安全性」だと思います。

もちろんこういったのは言葉のニュアンス?的なものもありますのであくまで僕の考えですが、事故の際に車が「頑丈」だともちろん「その車」の損傷は少ないはずです。

しかし事故は「物理的な破壊」ですので当然大きな「破壊のエネルギー」が生まれます。

その場合「車が頑丈」ですと、その「破壊のエネルギー」は相手となる車や物、そして中に乗っている「乗員」に降りかかり?ます。

なので今回のボルボS80の場合は、ボルボS80のリア部分が大きく凹むことによってその破壊のエネルギーをある程度「吸収」した感じだと思います。

ボルボの創始者アッサール・ガブリエルソンとグスタフ・ラーソンによる基本理念は『車は人によって運転されるもの。だからボルボは常に安全でなくてはならない』ですが、言い換えると「ボルボに乗っているする人は安全でなくてはならない」という意味にも取れます。

最近はこの考えももっと広がりを見せて、事故の相手方(人や車や物)に対してもダメージを少なくするようになっています。

なので僕はボルボ=頑丈というよりは、『ボルボ=安全』というのが適した言葉ではないのかな~と思ったりもします。

またみなさんのお考えもおしえてくださいね!(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボXC60 ドライブレコーダー取り付け、事故の示談の時にも役に立つ場合もあります。

2015.06.28

この週末は大した雨にもならず(それでもにわか雨的なものはありますが)お天気な週末で良かったです(^_^)

昨夜もそうですが朝晩は6月末とは思えないほど冷え込みますね。

今朝は早朝の5時に起きて女子サッカーのワールドカップ・なでしこジャパン対オーストラリアの試合を見ていましたが思わず暖房をつけてしまいました。。。。

でもすぐに暑い夏がやってきそうですね(^_^;)


今回はボルボXC60(2011年式、YV1DZ~)のお客様にドライブレコーダーとデイライトを取り付けさせていただきました。

このお客様は数年前までボルボ240を乗っておられましてその時にお世話になっていたのですが、そのボルボ240を手放されて一旦ご縁が途切れたのですが、最近このボルボXC60をご購入されてまたこのサンクス&トラストとご縁をつないでいただけました。

本当に嬉しいことです(^_^)


今回はドライブレコーダーの記事になります。

この「ドライブレコーダー」、欧米に比べ日本ではまだまだ普及率は高くないようです。

私もメインで乗っているボルボV70にはもちろん取り付けていますし、皆様にもお取り付けをおすすめしています。

実は今月初旬にお客様からお電話があり「横から車に当てられた」とのご連絡でした。

状況をお聞きしますと、ほぼ止まっている状態のお客様のボルボV70にバックで下がってきた別の車が左側面部にあたってきて、左リアドアを交換しないといけないようになりました。

事故当初は先方も自身の否を認め、お客様も自分が止まっている状態なので相手方が全面的に悪い100/0の認識だったとのことでお聞きしたのですが、数日後・・・・相手方が主張を変えて「ボルボも動いていた」ので少しはボルボ側にも過失がある・・・というようなことになってしまいました。

もちろんそうなると目撃者などもいませんので「言った/言わない」的なことで所謂「揉めて?!」結局は少しですがボルボのお客様も過失が出てしまいました。

しかし「もし」この時に「ドライブレコーダー」が取り付けてあれば側面からの事故までは映らないですが、当たった瞬間の映像は取れているはずなのでその時に車が動いていなければそれを主張できることになります(もし裁判になった場合では有効な証拠となるかはわかりませんが、少なくとも映像で残っていれば相手側もそれを非とは出来ないと思いますし)。

特に歩行者や自転車・バイクとの事故は飛び出し」などであっても、事実上どうしても車のほうの過失が大きくなることがほとんどです。

(「当たり屋」的なことをする人もいるようですし・・・・)

「自己防衛」のためにもドライブレコーダーのお取り付けをおすすめしています。

今回もいつも?のように、「ケンウッド KNA-DR300」をお取り付けさせていただきました(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 ターボ車の電子スロットルバルブ脱着・清掃

2015.06.26

私が始めて社会人になって国産車のマツダのディーラーから今携わっています「ボルボ」へ転職したのが1989年だったと思います。

今はもうなくなった京都のディーラーですが、当時は長年販売台数で日本一を誇った素晴らしいディーラーだったと思います(でもそんな日本一の販売台数のディーラーでも無くなるのですから商売はこわいですね。。。)。

そのボルボディーラーへ就職して最初によく作業したのが「スロットルバルブの清掃」でした。

当時はボルボ240、ボルボ740、ボルボ940ボルボ760などを中心にまだボルボ260やV6エンジンなんかもあった時代ですが、エンジンの基本調整含めて点検や車検だけでなく新車点検の時からスロットルバルブの調整をしていたものです。

当時は新車といえども多くのボルボが納車して2週間以内にはお客様から連絡があり「エンジン警告灯がついた」とか「エンストした」とか「バッテリーが上がった」なんてトラブルが当たり前のような時代でした。

そう思うと今のボルボはほんとに優秀になりましたね(^_^)

そんなスロットルバルブ(スロットルボディ)の清掃は、当時ほど頻繁にはしないでいいようになりましたが、やはり今でも車検などでは作業したほうがよい項目です。

ただ「ターボ無し(NA)」のボルボは基本的には清掃が簡単なことが多いのですが、

「ターボ車」の場合はけっこう困難な場合が多いです。

今回作業させていただきましたボルボV70(2007年式、YV1SW~)(前回のエンジンマウントと同じ車です)は「ターボ車」でスロットルバルブの清掃をさせていただきました。

ボルボV70などの「5気筒エンジン」のスロットルバルブはインテークマニホールドの真下に取り付けられています。

なので脱着が少々困難です。

一番やりにくいのはこのスロットルボディに取り付けられているインタークーラーからの「エアダクト」の脱着がけっこう作業がやりにくいんですよね。。。。/(-_-)\

この2007年式は比較的やりやすいですが、1999年以降で2000年代前半とかのエアダクトはプラスチックが割れたりもするのでやりにくい部類だと思います。

僕も今回はエンジン/ラジエターの電動ファン(冷却ファン)を取り外して作業しました。

エアダクトを外して真下からみるとこんな感じです。

コネクタを1つ外して、ボルト4本で固定されているのでそれを外して取り出してきます。

電子スロットルといえども汚れてくるとアイドリング不調やエンストの原因にもなります(^_^;)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 全エンジンマウント交換 エンジン振動が大幅軽減しますよ!

2015.06.24

以前もお話しさせていただいたこともございますが、サンクス&トラストに整備をご依頼していただけますお客様の中にはかなりの費用をかけていただいてお車をリフレッシュされるお客様も少なくありません。

今回ご紹介させていただきますボルボV70AWD(2007年式、YV1SW~)のお客様もお隣の京都からいつもサンクス&トラストをご利用されていますが、ご実家のある関東にもよく往復される為、走行距離は約18万キロオーバーです。

新車に乗り換えるか?整備でリフレッシュして少なくともあと10万キロ以上は載り続けるか?・・・をご思案されまして、後者の方を選んでいただきましてサンクス&トラストにご依頼いただきました。

こうしたことにこのサンクス&トラストをご指いただけますのはメカニックとして本当に嬉しいですしやりがいも出ます!(^_^)

ということで今回少しお時間をいただいて色々と整備させていただいております。

その中の1つ、エンジンマウント関連の交換です。

エンジンはピストン運動を繰り返しますので当然振動が出ます。

エンジンはATオートマチックとボルトで一体になっていますが、そのユニットはシャーシーの「サブフレーム」の上に「各種エンジンマウント」の乗っかることによりその振動が軽減されてボディに伝わります。

エンジンマウントはゴム系で構成されているので、劣化すると硬化や破損してその振動の吸収?が悪くなります。

なので、エンジンマウントを交換するとエンジンからの振動が軽減されます。

ボルボV70のエンジンマウント(ATミッションマウント含む)は合計5つあります。

上部から見えるのが1つ、後はエンジンとサブフレームに挟まれていたりするのでリフトアップ等しないと見えにくいかんじです。

その中でももっとも重要?なのが下画像の前後のエンジンマウントになります。

前後とも同じ部品になります。

エンジンの重量に挟まれているので、だんだんと縮んでいくために振動を吸収していきにくくなります。

あとはクランクプーリの下、ATミッションの下一番最初のエンジンの上部になりますが、これらはどちらかというと補助的なものとなります。

こちらの各種エンジンマウント類もボルボ純正よりもリーズナブルなOEM部品をご用意させていただいております。

エンジン振動が気になられる方は、是非ご検討してみてくださいね!

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボXC90 バッテリー点検 バッテリーや製造年月日など・・・

2015.06.21

今回は車検整備させていただいたボルボXC90(2007年式、YV1CT~)のことになるのですが、車検整備の際はもちろんバッテリーの点検をさせていただきます。

以前のバッテリーはバッテリー液が減ってくると補充液で補充するタイプのものが多かったのですが、最近はフルのメンテナンスフリーのような感じで完全密閉タイプのものが多くなってきました。

なので事実上バッテリーチェッカーなどでの点検しかできない感じですね。

バッテリーケースも黒色が多い感じなので、バッテリー液が見えないということでもあります。

そこでバッテリーの交換時期となるのが「いつ取り付け(交換)したか?」ということになります。

昔は3~4年もしたらそろそろ交換されては??・・・と言っていた時期もありましたが、サンクス&トラストではバッテリーの状態にもよりますが概ね5年くらいを目安にと思っています(もちろんセルモーターの回りが怪しいときや、バッテリー端子が「粉を吹いている/緑青・サルフェーション」が起こっている場合は別です)。

話は戻りますが車検整備をさせていただいたボルボXC90、バッテリーを点検して以前に交換された年月日を見てみると・・・

バッテリーを交換すると上の画像のようなラベルの年月日の対象となる部分を捲るようになっている場合が多いです。

右の↓矢印の部分が捲ってあるので「2012年」、その下の「月」の部分の「3」の部分がめくってあるのでつまりは「2012年3月」にこのバッテリーは交換されたということになります。

今から約「3年前」くらいですね。

・・・・・ところが、その年数の左側を見てみると・・・・「2009」と刻印があります。。。つまりこのバッテリーは一般的に考えると「2009年に製造」された?!のかも?!ということになります。

仮に2009年だとしたら今から約「6年前」となります。。。

こうなる通常は交換をオススメする時期でもあります。

しかしながらバッテリーの「劣化」は一般的には「バッテリー液を注入してから」なので、もしこのバッテリーがバッテリー液を交換する少し前の2012年に注入されているとしたら問題ないのかもしれませんね。

このあたりはバッテリーメーカーの資料を見たりしても明記はされていない感じです(あくまで僕の調べたところです)

こういったケースで似たようなケースは「タイヤ」でよくあります。

サンクス&トラストでもそうですが、基本的には注文する際にタイヤメーカーは「製造年月日の指定」は出来ないようになっています。

(販売店は在庫分のタイヤは出来るところも少なくないようですが、それでも基本的には古い年月日のタイヤから出荷するようです)

サンクス&トラストでももちろん出来るだけ新しい年月日のタイヤをと心がけていますが、事実上・基本的には製造年月日の指定は出来ないので現実です。

各タイヤメーカーのHPでも適正に保管された新品タイヤは概ね『3年間』同等の性能を保つ」と謳っています。

(以下はブリジストンのHPのQ&Aです http://tire.bridgestone.co.jp/about/maintenance/useful/03.html)。

でもゴムはゴムやし・・・・なんて思われるかもしれませんね(^_^;)

先のバッテリーの件含めまして、このあたりは僕も判断が難しいところです。。。。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 オルタネーターのボルテージレギュレター交換

2015.06.19

サンクス&トラストは滋賀でメカニックは私一人でひっそり?!とやっている小さな工場です。

しかし滋賀・大津市で名神大津インターチェンジや大阪までの第2名神高速道路とつながっている京滋バイパス石山インターチェンジから共に7~8分と遠くないせいもあって、毎週のように他府県のお客様が来ていただいています。

本当にありがたい事でm(_ _)m

そしてかなりの遠方のお客様もよく来ていただいています。

今回も岡山県から修理でご来店いただきました。

このお客のボルボV70(2001年式、YV1SW~)ですが、走行中に「バッテリーデンアツテイカ」と警告灯が出たと言うことでご連絡がありました。

その後エンジンが冷えたら警告灯が消えたということで、年式的にオルタネーターのボルテージレギュレターというのはすぐに想像出来ました。

ということで、岡山県からお越しいただきましての修理になりました。 遠いところ本当にありがとうございます。

このオルタネーターのボルテージレギュレターですが、オルタネーターの後方についている黒いプラスチック部分になります。

本来はパワステポンプを外し、オルタネーターを取り出して交換するのですが・・・・

オルタネーターを取り出すには、下の画像の矢印の部分(パワステポンプの取り付け部)のこの突起が邪魔して取り出すのに、クーラントを抜いてラジエターアッパーホースを外したり、ターボ車の場合はエンジンマウントが下手っているとエンジンマウントを一部外してエンジンを持ち上げたりしないと取り出せません。

なので下の画像のようにボルテージレギュレターの部分だけを作業できるように裏返しての作業をしています。

この状態で裏のプラスチック部分を分解していきます。

走行距離が多くなるとこのブラシ部分が減ってきたりもするのでそれが電圧以上の原因なこともあるのですが、今までの経験上は2000~2003年くらいまでのボルボV70は走行距離関係なくこのボルテージレギュレターが壊れる(熱を持つと異常を起こす)ことがややある感じがします。

この型式くらいのボルボ車でよくあまりボルボを触られない修理工場さんなどでオルタネーター毎交換されてかなり高額なご請求を・・・という方も少なくなようですが、バッテリーへの電圧以上(充電以上)の場合はこのボルテージレギュレターの交換だけで直ることが多いと思います。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 ヘッドライトの光軸が上がらない!

2015.06.18

3月から始めたバスケのサークル?ですが、今の僕の一番の楽しみなので週一回の集まりには出来るだけ休まないように出ています。

ただ余りにも体力がなく、周りに全然ついていけないので夜にわずか約4キロほどですが早足とジョギングをするようになりました(^_^;)

おかげで体力的にはけっこう楽になりましたし、久しぶりに会った人からは「ほんとになんとなくやけど痩せた?」と言ってもらえる人もいて嬉しいです(^O^)

最初は少し動いただけで視界が2重になったりして(脳の酸欠??)ましたが、最近はそういったこともなくなったので(´∀`)

先日の集まりの時にメンバーが動画を撮っていてくれたので、その1ショットです。

わかりにくいですが青いTシャツが僕で、シュートを決める直前のショットです。 この時は僕以外の味方の4人は全員高校生なのでしんどかったです。でも楽しい!!


車検整備をさせていただく時にいつも最後に作業させていただくことに「検査ライン」でチェックされる「フロントサイドスリップ点検/調整」と「ヘッドライトの光軸/光量測定・調整」があります。

ヘッドライトの光はある一定以上の「光量」と「方向」が定まっていないと車検に合格しません。

なのでヘッドライト内の「反射板」を上下左右に調整して、車検に合格する範囲(というよりは基準範囲の真ん中くらいに調整しますが)に調整します。

ただ今回車検整備させていただいたボルボV70(2004年式、YV1SW~)は右側のヘッドライトの光軸が下の方に向いたまま基準のところまで上がってくれません。

調整ビスはちゃんと作動しているので何かが外れたりということではありません。

ボルボ240などはこの調整する部分のプラスチックが劣化したりもするので、そのプラスチッククリップを交換することもあります。

この2004年のボルボV70は「HID仕様」のヘッドライトです。

なのでハイビームにした際や、車高(リア側)が上下した時にこのヘッドライトの光軸を自動的に調整する装置が付いています。

ちょうどヘッドライトの裏にあるこの黒い小さなBOXです。

この矢印の少し左斜め下にある白いポッチ?がヘッドライトの光軸の上下を調整する部分です。

この小さな黒いBOXですが、内部にモーターがあり・・・

(黄色い矢印の部分です)

これが「引っ込んだまま」作動していませんでした。

本来なら、

上の矢印の黄色い矢印部分が上でご説明した手動で上下に調整する部分で、白い部分がこのモーターで作動する部分なのでこの白い部分が引っ込んだままでは必要な分のヘッドライトの反射板が上に向かないという事になります。

特に2004年モデルは時々あるようです。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 サスペンション・前後ショックアブソーバー交換!

2015.06.15

僕はあまり交友関係が広くありませんが(実はけっこう人見知りするタイプで人に溶け込む?のが実は苦手だったりします(^_^;))、先週末は高校時代からの友人4人と集まって食事などをしました。

高校生以来ですからもう30年以上の付き合いになります。

4人揃うのは今は年に数回もなくなりました。 ただそのうちの一人が8月から海外勤務でマレーシアに最低3年は行くことになったので集まろうという事になりました。

草津市にある焼肉屋に行きましたが、土曜日のよるということもあってものすごい混雑ぶりでした。

予約をしておいてよかったです(^_^;)

年を取るとなかなかこうして集まることは減ってきますが、こうして集まれる友人がいるのはとても幸せなことで嬉しく思います(^O^)


今回はボルボV70(2001年式、YV1SW~)のお客様さまの前後のショックアブソーバーの交換をさせていただきました。

少し前の記事6/11のエアコンコンプレッサーの記事のお客様のお車です。

(エアコンコンプレッサーの交換は数週間前の作業で、その時に今回のショックアブソーバーのご注文をいただきました。海外からの取り寄せをさせていただきましたので今回の整備となりました)

お乗り換えも考えておられましたが、色々と直せるところは直していってしばらくこのボルボV70を乗り続けようということになり乗り心地改善の為に今回のショックアブソーバー交換をさせていただきました。

ショックアブソーバーも色々なメーカーの製品が出ていますが、一般的には「スポーツショック」的なモノが多く乗り心地が堅くなるので今回はボルボ純正部品と同じメーカーの『SACHS(ザックス)』での交換をさせていただきました。

サスペンション周りは色々な部品がありますが、乗り心地を改善するにはこのショックアブソーバーの交換が一番効果があると思います。

エンジンの振動については「エンジンマウント」の交換かな?

この2点を交換するとかなり車自体の様子が見違え良くなってくれるので、長く乗られるつもりのお客様は一度ご検討してみてくださいね。

今回の作業の後にご一緒にお客様も同乗していただいて近所を試運転させていただきましたが、乗り心地が良くなっている!とおっしゃっていただけました(´▽`)

同じ「SACHS」といえど細かな設定の違いはあると思いますが、基本的にはボルボ純正部品と同じ感じになると思います。

ショックアブソーバーやエンジンマウントもディーラーさんなどの国内で調達するとそれなり?の金額になるので、今回も海外から部品を調達させていただきました。

部品にもよりますが国内ボルボ純正部品よりリーズナブルにご提供させていただけますよ!(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボS80 追突事故・・・・ボルボの衝突安全性

2015.06.12

今回のブログの記事は「ボルボ」をオススメする上で最もお伝えしたいことですが、なかなか実際にはお伝えしにくいことです。

今回この記事のボルボS80のオーナー様のお許し/許可をいただだきましたので今回のブログを書かせていただきました。

昨日このボルボS80のオーナー様からお電話をいただきまして「高速道路で追突事故に巻き込まれてしまった・・・・」とのお電話でした。

もう事故処理などは済んで病院での検査を終わられたとのことで色々とお聞きしました。

お怪我はされているものの幸い今のところ大事には至っていないとのことで、一先ず安心しました。

相手方の保険会社とのやり取りも含め、ボルボについては「いつもサンクス&トラストに任せてあるから」とおっしゃっていただいた経緯もあり、本日一時預かってもらっていたレッカー会社からサンクス&トラストまでボルボS80が搬送されてきました。

お客様から話には聞いていたのですが、かなりの追突事故だったようです。

今は名神高速道路のリフレッシュ工事中なのですが、通勤の途中の工事渋滞でハザードを出して止まっておられる時に、数台後ろの大型トラックがノーブレーキで突っ込んできて3台ほど玉突きをした追突事故とのこと・・・・

その3台の一番前がこのボルボS80だったようですが、斜め後方から後部のほぼ中央にプリウスが玉突きされて当たったとのことでした。

幸い死亡事故などにはならなかったようですが、これを見る限りはもっと重大な結果になっていても不思議ではない感じもします。。。。

一番深く凹んでいるところは後輪の車軸近くまで突き上げているので、かなりの勢いだったのが容易にわかりますね。。。。

ボルボS80のお客様も「このボルボに『命』を助けてもらった」とお話されていましたが、僕もそう思います。

ボルボは創設の比較的早い時期からこういった事故に対する対策を「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念の基に色々な装置や装備などを有しているのは皆さんご承知だと思います。

特に「乗員のいるスペースの安全性」につきましては、僕も数々の事故を見てきましたがボルボを代表するアピールポイントだと思います。

今回の事故で言えば、これだけ大きな後方からの事故にも関わらず、

多少の引っ掛かりはありますが、ちゃんとドアが開閉できます。

後部座席のスペースもしっかりと確保されています。

下の画像を見ていただくとよくお分かりになられると思いますが、矢印の部分で破損が止まっています。

要は、トランク部分のスペースを「クッション的」に衝撃を吸収させて、乗員のスペースまでの破損をできる限り防ぐように設計されています。

ただ頑丈に作るだけでは衝撃が乗員にかかってしまうので、非乗員スペースで衝撃吸収がしっかりと行われています。

お客様のお話になられた「このボルボに『命』を助けてもらった」というのは僕も本当にその通りだと思います。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 エアコンコンプレッサー コンピューターを外す特殊工具

2015.06.11

少し前にもブログにさせていただきましたが「季節柄」なので?!再びの修理です。

ボルボV70(2001年式、YV1SW~)のお客様から「乗り始めてしばらく乗っているとエアコンが全く効かなくなる。しばらくするとまた効いてくるがその後また効かなくなる」とのことです。

前回のボルボV70Rと同様にエアコンのコンプレッサーのマグネットクラッチの不具合の典型的な事例です。

このボルボV70のお客様も以前は走行距離や年式などから、お乗り換えか思い切って各所の不具合を直して当分乗り続けるか・・を考えられて、このままこのボルボV70を乗り続けられる選択をしていただきました。

お乗り換えももちろん良い選択だと思いますが、メカニックの僕としてはこうして整備してさらに乗り続けていただけるのは本当に嬉しいです(^_^)

サンクス&トラストのお客様はこうしたお客様が少なくないのはメカニック冥利?!に尽きるかもしれません。

なので今回はこのエアコンコンプレッサーの交換、次回はサスペンションのショックアブソーバーの交換、タイミングベルトやウォーターポンプの交換を随時していただく予定です。

今回のエアコンコンプレッサーもボルボ純正ではない「リビルト品」を使用してボルボ純正よりは数万円はお安くご提供させていただいておりますが、交換させていただくエアコンコンプレッサーを見ていただくとわかりますが、

思いっきり?ボルボのロゴが入っています(^O^)

早い話、ボルボ純正と同じ製品です(のはずです?!)。

サンクス&トラストでご用意させていただくリビルト品は全てこうしたものではありませんが、多くはこうしたボルボ純正と同じ信頼あるメーカーのOEM品を使用するようにと思っています。

さて、このエアコンコンプレッサの交換にはパワステポンプやオルタネーターを脱着する必要がありますが、スペース的に「エンジン&ATオートマチックのコンピューター(コントロールユニット)」を外したほうが作業がしやすいです。

ただこのエンジンやATオートマチックのコンピューター(コントロールユニット)の脱着は専用の特殊工具がないと脱着が出来ないようになっています。

こんな工具です。

もちろんボルボから出ているSST(専用工具)はボルボ・ディーラーでないと入手は出来ませんが、この工具はOEM?!かわかりませんが海外から入手が出来たので助かっています。

こんな感じで使用します(と言ってもわかりにくいかもですが・・・(^_^;))

もちろんエアコンコンプレッサー交換はエンジン&ATオートマチックのコンピューター(コントロールユニット)を脱着しなくても交換は出来ますが、こうしたほうが僕は断然やりやすいのでいつもこうして作業しています(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

次へ »