ブログ > 'ブログ'

2013年/本年度も本当にありがとうございました! 来年2014年もよろしくお願いいたします。

2013年/本年度も本当にありがとうございました! 来年2014年もよろしくお願いいたします。

2013.12.28

末12/29(日)~年始1/4(土)まで年末年始のお休みをいただきます。

1/5(日)より通常営業とさせていただきます。

ご迷惑お掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

今日でサンクス&トラストも仕事納めになります。

悲喜交々?ありましたが、無事に乗り切ることが出来ました(^_^)

ひとえに前々年/前年よりもまた多くのご利用・ご支援いただきましたお客様・また関連会社様のおかげにです。 本当にありがとうございました。

来年2014年も皆様やもっと多くの方たちとより一層のご縁いただけますことを楽しみにしています!

ありがとうございました!!


(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 AWD サスペンションの「FOUR-C」異常 アクセラレーションセンサー交換

2013.12.27

末12/29(日)~年始1/4(土)まで年末年始のお休みをいただきます。

1/5(日)より通常営業とさせていただきます。

ご迷惑お掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

事実上今日で今年の仕事納めの方も多いのかもですね。

サンクス&トラストもお客様のご予約は事実上今日までいただいていたのですが、明日は大掃除をして終了になるのかな?

日頃なかなかできないサービスカーのエンジンオイル交換やラジアルタイヤ→スタッドレスタイヤ交換に交換などちゃんとして気持ちよく新年を迎えられるように締めくくりをしようと思っています(^_^)

今回はボルボV70AWD仕様(2007年モデル、YV1SW~)のお客様からのご依頼で『「FOUR-C」の異常点滅がする』とのご依頼でした。

ボルボV70RやボルボXC70などのサスペンションにはFOUR-Cと呼ばれる硬さ?を選べる装置がついています。

ショックアブソーバーの油圧を制御するような感じですね。

ということでもちろんアナログでは全くわからないので、いつものようにボルボテスターで記憶されている故障診断メモリーを見ていきます。

「左フロントアクセラレーションセンサー異常」となっています。

一度クリヤーをしてしばらく走行していただきましたが、やはり同じようにこの故障コードが入力されてしまうので、部品を取り寄せして交換させていただくことになりました。

「アクセラレーションセンサー」と聞きなれない部品名ですが(まぁ僕も調べるまでは思い出せなかったのですが・・・(笑))、、、

ショックアブソーバーに取り付けられているこの部品のことです。

FOUR-C付きのボルボでタイヤ交換とかをされたことのある方はもしかしたら見覚えがあるかもですね。

このアクセラレーションセンサーの役割は、ショックアブソーバーの「縦方向の振動」を検知するいわゆる「Gセンサー」のようなものです。

交換はさほど問題ありません。

この部分からABSセンサーやショックアブソーバーから伸びているハーネスと共に、左フロントストラット上部のコネクター部まで伸びているのでその部分を交換するだけです。

同じような位置にこのショックアブソーバーからのハーネス・ABSセンサーとあるので一瞬どのカプラになるか配線を追ったり内部の配線の色を確認しながら・・・・

ちなみにこのエアバックなどにも広く使用されている「Gセンサー」ですが(加速度センサーなんて言われたりもしてた気が・・・)、ボルボだけに限らず基本的に高額のものが多い感じです。

この今回のアクセラレーションセンサーも4万円以上してしまいます(T_T)

基本的にそれほど壊れるものではないものですが、壊れるとけっこう高くついていしまいますね。。。。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボ240 ガソリンが半分以下になると調子が悪くなる フューエルセンダー/ポンプユニット交換

2013.12.26

ちょっとバタバタしていてブログをさぼっていましたm(_ _)m 申し訳ありません。

もう明日で今年の仕事納めの方も多いのではないでしょうか?

サンクス&トラストの年末年始のお休みですが、トップページのお知らせにもございますように、

末12/29(日)~年始1/4(土)まで年末年始のお休みをいただきます。

1/5(日)より通常営業とさせていただきます。

になります。

ご迷惑おかけいたしますがよろしくお願いいたします。

今回はボルボ240(1989年式、Kモデル)のお客様が「ガソリンの残量が満タンから半分近くなってくると何か調子が悪い」とのご依頼でした。

基本的に最近?のボルボでガソリンの残量とエンジンの調子は直接結びつく要因はあまりないと思いますが、古い?ボルボのメカニックならこの症状を聞くと「ピン!?」とくるものがあります。

曖昧ですが、1990年くらいまで以前のボルボ240やボルボ740なんかは走行距離の多い車だと同じような症状の不具合を経験したボルボメカニック(もうこの頃から今も現役のメカニックの人は随分減ったんやろなぁ・・・と思いつつ・・)はいるはずです。

それを正確に確認するにはガソリンタンク内の「フューエルユニット」を外してみればわかります(ガソリン給油口からのタンクポンプモーターの作動音である程度判断できたりもしますが)。

ということでこのボルボ240のガソリンタンク内のフューエルユニットを外して行きます。

このボルボ240はワゴンタイプなので、カーゴルームのフロアパネルを脱着します。

今回はお客様がカーゴルーム内のお荷物を全部降ろしていただいていましたので作業が大変楽でした(^_^)

矢印の部分の蓋をあけて・・・・

エアガンで砂などを吹き飛ばした後ですが、それでもこんな感じで汚れや錆びがついています。

このフューエルユニットを脱着するには専用の特殊工具を用いたほうが簡単に脱着出来ますが、基本的にはディーラーさんしか持っていないので(若いディーラーメカニックの人なら見たこともないかもですね)工具を自作?しています。

前回同じ作業したのが約2年近く前なのですが、その時に作った?(というほどでもないですが(笑))のを約2年ぶりに探すのに時間が少しかかりました(^_^;)

多少「知恵の輪」的にガソリンタンクから抜いてくることになります。

左上の矢印のフィルターなんかはもう真っ黒になっていますね。

フューエルユニットも全体的にサビが出ています。  ガソリンをあまり満タンにされずに乗られることが多い車はもっとひどいサビになっていることも少なくなりません。

っで本題ですが、上の画像の真ん中の矢印の部分が「タンプポンプモーター」から上部のパイプに向かうホースがあります。この部分を拡大すると・・・・

ゴムホースが破れているというか裂けているというか・・・・ガソリンで溶けてしまって?というのも過去に経験したこともあります。

要は、「穴の空いたストローでジュースを飲む」ようなイメージですね。

この部分がガソリンに浸かっているとまだマシなのですが、ガソリンが減ってくるとホース外にガソリンが漏れてしまう・・・ということになります。

この中間のホースやフューエルセンダーなどは国内のボルボ純正部品は生産中止のようなので、アメリカから部品を仕入れて交換させていただきました。

次に上記の自作特殊工具?を使うのはいつかなぁ・・・(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 ヒーターコア交換

2013.12.21

今日から今年最後の3連休で、けっこう道も混んでますね。

しかし時折滋賀の大津でも時折激しい雨が降ったりしてかなりうっとうしい雨です(+_+)

しかしこの3連休にはサンクス&トラストには連続でご遠方からのご予約もいただいています。

今日は富山県からボルボV70のフューエルポンプ交換・名古屋からV70の修理、明日は岐阜からボルボ850のタイミングベルト交換、明後日は神戸からボルボV70のラジエター交換のご予約をいただいています。

遠い中、本当にありがとうございます。

またお近くのお客様もそう遠くない距離にボルボディーラー・ボルボ専門店が有りながらもサンクス&トラストのご利用いただきまして本当にありがとうございますm(__)m

今日はその中の名古屋からのお客様でボルボV70(1999年式、YV1LW~)のお客様から「ラジエターの冷却水が良く減って、足元のマットが濡れたりフロントガラスの内側がすぐにくもる」とのご依頼でした。

状況からすると「ヒーターコア」からのラジエター・クーラント漏れというのは推測できました。

御来店いただいてボルボV70を見させていただくと、運転席と助手席の足マットの両方ともかなり濡れてしまっています。。。。

通常ヒーターコアからのクーラント漏れは助手席側から漏れ始めるので、運転席のほうまで濡れているとなるとかなりのひどい漏れということになります。

助手席側の足マットの下の「フロアカーペット」をめくっていくと、かなりの量の冷却水漏れが確認できました。

ヒーターコアの交換は助手席足元から脱着していきます。

本来でしたらフロントシートなどを外してフロアカーペットを外し、天日干し?をしてしっかり乾かしてから組み付けていくのですが、冬場はそれをするとなると数日かかってしまいます。

なので今回はヒーターコアの交換のみにさせていただいて、お客様のほうでフロアカーペットにタオルなどを敷いて時間をかけて乾かしていくようにさせていただきました。

このヒーターコアの不具合はボルボ850や初代のボルボV70/S70などでは比較的よくある?不具合で新年明けにも今回と同じ年式のボルボV70の同じ作業をご予約いただいています。

このヒーターコアの部品もボルボ純正部品よりもリーズナブルな海外OEM部品もご用意させていただいておりますので、同じような症状でお困りの方はサンクス&トラストまでお問い合わせくださいね(^_^.)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボXC90&ボルボV70 オイル漏れ 適切な部品の交換

2013.12.20

今朝いつものように愛犬プルの朝のお散歩に外に出て比叡山・比良山系を見てみると上のほうが雪で真っ白でした(*゚▽゚*)

僕は京都のディーラー時代は、滋賀の守山から琵琶湖大橋を渡り「途中越え」と呼ばれる山の中の国道を走ります(大原の三千院のそばを通る昔からの街道です)。

この国道は積雪&凍結することも多いのでこうして冷え込んで道路が積雪や凍結するときは、あわてていつもより早く家を出たのが懐かしくも感じます。

そのときはマツダ・ファミリア4WDのダートトライアル仕様(前オーナーの先輩がレースに出てたりしていました)だったので、逆に喜んで雪道を走っていたものですが(*´∀`)

関東は交通規制も出ているようで、午前の宅急便が随分遅れて到着していました。

仕方ないこととは言え、急いでいるときはヤキモキしたりしますね。

今回はボルボXC90とボルボV70のお客様のオイル漏れです。

単にオイル漏れといってもエンジンオイルやオートマチックオイル、パワステオイルなど様々です。

またはオイルと思っていたら「ラジエタークーラント」のこともすくなくないですし、ドライブシャフトブーツの「グリス」のことも。

まぁ「オイル」というのが範囲?が広いといえば広いですしね。

ボルボV70のお客様は車検時にエンジン上のヘッドカバー(黒いプラスチックカバーです)を開けて、スパークプラグを点検しようとすると・・

こんな感じでオイルが溜まっていることが少なくなりません。

一般的には「オイルフィラーキャップ」オイルを注入するところのパッキンの劣化ですね。

ディーラーさんやサンクス&トラストのような専門店には在庫をしていることが多いのですが、一般の整備工場さんなどではあまり在庫をされていないので長期間交換がなされないでエンジンの上がべちょべちょ・・・なんてことも少なくありません。

数百円のそれほど高いものではありませんので、毎回交換するエンジンオイルのドレンパッキンみたいにまでは必要ありませんが時々は交換されてもいいかもしれません。

そのエンジンオイルのドレンパッキンですが、、、、

先日「ハンドル操作時にうなり音がひどくなった」とのボルボXC90のお客様がおられました。

実は以前も少しパワステオイルが漏れるのでパワステオイルを補充したことがあったのですが、かなりのうなり音がするくらい漏れるようなら原因のパワステポンプを交換しましょう、ということで中古部品のパワステポンプをご用意させていただいてご来店いただきました。

お車を止めていただいてしばらくお話していてふと見ると数滴オイルが落ちています。

「かなり漏れがひどいのかな?」とお話すると、「ガレージにもオイルの跡があった」とのことです。

シフトアップしてアンダーカバーを取り外してみると・・・・

たしかにベチョベチョにオイルが漏れていますが・・・これはパワステオイルではなくてエンジンオイルです(もちろんパワステオイルもパワステポンプから漏れていたので交換しましたが)。

エンジン下部を覗いてみると・・・

エンジンオイルを抜くドレンボルトからの漏れが見受けられます。

ドレンボルトを触ってみると・・・・指で回ってしまします!  ようはちゃんとボルトが締め付けられていないということです。

最近サンクス&トラストでエンジンオイルを交換したことがなかったので貼ってあるオイル交換のラベルを見てみると、少し前にガソリンスタンドでエンジンオイルを交換されていました。

では締め付けておこうとドレンボルトを見ると・・・・

ご覧のようにボルトの「角」が潰れています(# ゚Д゚)

まぁなんとか締め付けましたが次回脱着したさいは交換したほうがいいですね。

簡単な作業ではあるエンジンオイル交換ですが、やはりある程度ご信頼できるところでの交換をおすすめしています。

(たまに見ていると学生のアルバイトのお兄ちゃんがタイヤ交換やエンジンオイル交換をしているガソリンスタンドさんもありますので・・・・見ていて心配になることもあります。。。。)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 エンジンハンガー(右エンジンマウント)破損・交換

2013.12.17

12/18(水)は終日お休みさせていただきます。

ご迷惑おかけ致しますがよろしくお願いいたします。

今回はボルボV70(1997年式、Vモデル)のお客様から「エンジンマウント」に交換をご依頼いただきました。

このボルボV70は、ボルボでは珍しい「マニュアルトランスミッション」車です。

サンクス&トラストではボルボのマニュアルトランスミッション車のお客様はボルボ850とこのボルボV70のお客様のみですが、ディーラーさんなどでもなかなかおられないのではないかなと思います。

最近はほぼマニュアルトランスミッションの車を運転することはないので、たまにこうして乗る機会があるとクラッチをつなぐ時に「エンストしないかな??・・」とちょっとドキドキします(笑)

やっぱり車に携わる仕事をしている者がクラッチミートでエンストしたとなるとやっぱり恥ずかしい??ですもんね(^_^;)

このボルボV70のお客様はメカニック的なこともお詳しいところもあり、ご自身で「エンジンマウントの不具合」をご判断されて今回の作業をご依頼いただきました。

なので僕もエンジンマウントが「ヘタっている」感じと思ってお預かりさせていただいたのですが・・・・

いざお車に乗らせていただくかなりの「ゴリゴリ」感です。。。。

もしかして・・・と思い、リフトアップしてエンジンのクランクプーリ下にある「エンジンハンガー(右エンジンマウント)」を見てみると・・・・

こんな感じで「ボルト」が「ゴム部」に「めり込んで」います。

右側の矢印の部分を見ると、オイルクーラーの部品とこのエンジンハンガー(右エンジンマウント)の土台が接触しています。

本来は(下からジャッキで持ち上げてみました)・・・・

こんな感じの位置にないといけません。

エンジンハンガー(右エンジンマウント)と取り外してみると、

画像のようにゴムの部分がボロボロになっていました(゚д゚l)

これではエンジンの振動がモロにフレームに伝わってしまいますね。

エンジンマウントを全体的に交換すると、アイドリング時や加速するときなどの振動も軽減されて気持ちよく走行できるようになりますよ!(^_^)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70 イグニッションコイルとスパークプラグの交換

2013.12.16

今年も後残るところ半月、なんかそんな実感もない感じですが最後の仕上げ/やり残しが無いようにしないといけないですね。

僕はまだ在庫の棚卸の集計が全くもって出来ていないので頑張らないといけないのですが、この「棚卸し」とか「集計」とか本当にやる気が起こらないというか・・ぶっちゃけ面倒なだけなんですけどね(笑)(-_-)

サンクス&トラスト店舗の並びの工場の2軒となりのクリーニング屋さんですがホテル関係や、まぁいわゆる「雄琴」関係のクリーニングが主な業務だそうですが、週末はめちゃくちゃ&平日もかなりのクリーニングの量だそうです。

世の中の景気もあがってきているのかな?!

僕も負けずに実質あと2週間、頑張ってやっていこうと思います。

今回はボルボV70(2001年式、YV1SW~)のエンジン不調の修理をさせていただきました。

このボルボV70のお客様は走行距離が19万キロを超えられているので、同様のトラブルに何度かご経験されていまして今回も「また多分イグニッションコイルが壊れたと思うわ」とのご連絡でした。

ご来店いただいて診断してみますと、

「NO1シリンダーのミスファイア」とのことなので、1番シリンダーのイグニッションコイルを交換させていただいてお帰りいただきました。

しかし数日して直ぐに「また連発でイグニッションコイルっぽい感じやわ」とのご連絡・・・・(T▽T)

ちょうど車検のご予約いただいていましたので、そのまま車検整備も兼ねて再度お預かりさせていただきました。

ということで今回は何番シリンダかな??と思いながらボルボテスターで診断してみますと・・・

また同じく「1番シリンダー」のイグニッションコイルの不具合です。

前回のイグニッションコイルの交換は在庫のあった「中古部品」を使用させていただきました。

なので一般的には「偶然、交換させていただいたイグニッションコイルが壊れてしまった」ということになり、おそらくその原因だとは思うのですが実は別の原因があったりもするようです。

それは「スパークプラグの不具合」です。

車の機械?というのは色々と「リンク」している部分も多くあります。

例えば冷却水廻りで、ラジエターからの漏れのためラジエターを交換したらほどなくしてラジエターサブタンクやラジエターホースから漏れが出てきた・・・・とか、ある箇所のエンジンオイル漏れを修理したら別の箇所のパッキンからエンジンオイルが漏れてきた・・・・などご経験のある方も少なくはないでしょうか?

スパークプラグが悪くなってくると、火花の着火?か何かに「負荷」がかかるのかプラグコードやディスロトビュータが悪くなったり今回のようにイグニッションコイルが悪くなったりすることもあるようです。

このボルボV70のスパークプラグも、前回から4.5万キロ以上経過していたのでその可能性も無くはないかな?ということで、車検でもありますしスパークプラグの交換も一緒にさせていただきました。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボ850 バックランプが点灯しない お見積もりと実作業との相違

2013.12.14

今日は最近の冷え込みもあってラジアルタイヤ→スタッドレスタイヤ交換のお客様が続きましたので、まぁまぁおっさんの僕としてはちょっとへたっておりました(笑)

でもこれだけ寒くてもタイヤ交換をしていると直ぐに暑くなってくるのですが、そうかと言って薄着?になると寒くなるので調整がむずかしいところですね。

最近は通販で昔読んでいた中古の漫画の全巻セットを買ったりして読んだりしていますが、ふと映画の予告?を見てみると「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」というなんとも魅力的な映画が・・・(子供みたいなことを言っていますが(^_^;))

最近は映画も全然行かなくなったので(結局レンタルDVDを借りたりしてしまいます)たまには行こうかな。

ちなみに前回映画館に足を運んだのは半年くらい前に「変態仮面」というまぁギャグ系のヤツで・・・・僕は行きたくなかったのですが、友人がどうしても見たいからということで見に行ったのですが・・・・予想に反してバカバカしすぎて笑いが出る映画でけっこうこれはこれで楽しめました(^_^)

今回はボルボ850(1997年式、Vモデル)の車検整備をさせていただきました。

このボルボ850は1997年式ということもありますし、走行距離が18万キロ近くになっているのでそれなり?の整備が必要です。

ご来店いただいたときにその場でジャッキアップをしたりしながらお客様に実際の不具合箇所などを見ていただき・お見積りをさせていただいて、「車検時に必ず作業や交換が必要な部分」や「このままで車検は通るが、安全性などを考えるとできれば近日中に作業や交換が必要なところ」などなど色々とお見積もりの金額などを踏まえてご相談させていただいて車検整備に取り掛からせていただきました。

ただやはり「作業前のお見積もり」と「実際の整備をさせていただいた場合」には多少なりとも「相違」が出てくることもあります。

実際の整備をしている中である程度の部品などをはずしてい行った時に不具合箇所を発見する場合が多いのですが、まれに「お見積もり時には大丈夫そうだったのに、実際点検してみると不具合が発見された」ケースもあります。

今回のボルボ850は十分にオートマチックが温まっていないと「バックランプが点灯しない」という不具合がありました。

結論的には「ギアポジションセンサー(インフィビタースイッチ)の不良」が原因なのですが、お客様がご来店頂いたときは灯火周りを点検した時にはバックランプが点灯していました。

しかし車検整備をさせていただいて、最後に灯火周りを点検してみるとバックランプが点灯しません。

これはこのギアポジションセンサーの内部が取り付けられているオートマチックミッションの「熱」で十分に暑くなっている時にだけ、内部端子の接触がよくなってバックランプが点灯するというケースです。

なので結果的には「追加作業・費用」という感じでこのギアポジションセンサーを交換させていただきました。

エアクリーナーケースやバッテリー、ATオイルゲージなども取り外してこなくては交換できないですし、このギアポジションセンサーの部品自体も2.6万円前後もしてしまいます(以前はOEM商品も置いていましたが、今回は緊急だったのでボルボ純正を使用させていただきました)。

お客様にはお見積もりよりも高くなってしまい申し訳ないことになりましたが、どうしてもこういうことは多少なり起こってしまいます。

ただ安くなる分にはお客様も問題ないでしょうが、高くなってしまうとやはり気持ちが良くない?でしょうし、もっとしっかりとお見積もりを詰めていけるように注意しないといけないですね。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボV70R フロントショックスプリングシート交換、作業終了時のチェック

2013.12.13

先日から急な冷え込みで、今日はめちゃめちゃ寒いですね。

夕方にラジアルタイヤ→スタッドレスタイヤ交換に交換にご来店いただいたV70AWDのお客様がおられたのですが、今日は北陸に出張だったそうですがJRのサンダーバードも強風や雪などのため運行休止になったそうです。

朝のニュースで新潟もかなりの積雪のようでした。 まだスタッドレスタイヤに交換されていない方はお早目の交換をおすすめいたします。

ただこのブログを書いている13日の夜ですが、サンクス&トラストの近くのどこかで「花火」が上がっている?ようでドンドンと音がしています(^O^)

サンクス&トラストのお客様はご遠方から足をはこんでいただいて下さるお客様も少なくない・・・というか多いのですが、昨日は石川県からボルボV70Rのオーナー様がご来店いただきました。

遠いところありがとうございます。

この夏くらいにボルボ850からこのボルボV70R(2005年式、YV1SW~)のお乗り換えされたそうですが、ボルボ850でもご経験されたのと同じ不具合の修理でご来店いただきました。

一つはフロントのブレーキパットの交換でこちらは『ERST』の「ノンダスト」タイプのブレーキパットに交換させていただきました。

これでもう直ぐにホイールが真っ黒になる煩わしさから解放されると思います(´▽`)

基本的に通常タイプのブレーキパットよりもノンダストタイプのブレーキパットのほうが高額なのですが、ボルボV70Rのフロントブレーキパットは「ブレンボー製」なのでボルボ純正のブレーキパットよりもノンダストタイプのブレーキパットのほうがリーズナブルですしね。

そして本題?のボルボ850と同じ不具合というのは「フロントスプリングシートの破損」です。

フロントスプリングシートというのは、ボルボの不具合ではお馴染み?かもですが、ショックアブソーバー部分のバネの上側のクッションゴム(マウント)です。

今回はこのスプリングシートの不具合をご確認されてからではなかったそうですが、「同じ異音」だったとのことでのご依頼でした。

実車をご確認させていただくと・・・・

こんな感じでぱっくりと割れていました。

ところでこのボルボV70Rは中古車でご購入されたそうですが、どうもご購入されたお店/または以前に修理をされていたお店の整備にイマイチ不安なところがあるとのことで、今回滋賀のサンクス&トラストまでご来店いただいたのですが、それは僕が「とある事」をお話しさせていただいたときにわかったのです。

それは以前のオーナー様の時代にこのボルボV70Rは「タイミングベルトの交換」を一度しているのですが・・・

配線をタイミングベルトのカバーに挟み込んだままになっていたり、カプラの固定部分を割ってしまって粘着ゴムで「適当に」引っ付けてあったからです。

これ、実はけっこうあぶないというか大事になってもおかしくないミスです(-_-)。

そのことをお引渡し時にご説明させていただいたのですが、すると「これまでにも何かそんな感じの不安なところがあったので信用できそうなお店をさがしてた」とのことでした。

そう言っていただけると僕も本当に嬉しいです(^_^)

春に車検の時期になりますが、「また車検もお願いします」とおっしゃっていただきましたので嬉しい限りです(´▽`)

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

ボルボS80 パワーステアリングが重い・・・先入観での遠回り。。。。

2013.12.10

12/11(水)は終日お休みさせていただきます。

ご迷惑おかけ致しますがよろしくお願いいたします。

今日はガラスの業者さんに出張をしてもらってシトロエン・C3のフロントガラスの交換をしてもらっていました。

このシトロエンC3は、フロントガラスが天井の半分近くまであるどデカイ大きさのフロントガラスですが、車が少ないこともあって何十年と輸入車のガラスの交換をしているベテランの業者さんでも「交換/脱着したこともないし、色々と同業者に聞いても誰も作業したことがない」とのことで朝から二人がかりで交換をしてもらいました。

(走行中の飛び石?のせいで、フロントガラスにヒビが入ってしまいました)

取り外す時は「要領」がわからなくて苦労されていましたが、取り付けはそれほど時間がかかりませんでした。

やっぱり「初めてする作業は緊張するわ」と話していましたが、12万円もする高いフロントガラスですので緊張もしますよね(^_^;)


今回はボルボS80(2004年式、YV1TS~)のお客様が、「低速時のパワーステアリングが以上に重い」とのご依頼でした。

このボルボS80のパワーステアリングは、可変式?(名前を忘れました・・・)のパワーステアリングで、低速時・・・車庫入れなどのときの速度はかなり軽く、速度を上げていくと徐々に重くなってくる装置が付いています。

低速時には本当に軽いはずのステアリング操作が確かにすごく重いです。。。。

調べてみるとパワーステアリング部分「NO5」のヒューズが切れているのがわかりました。

ヒューズを入れ替えてやるとちゃんと直る?のですが、、、、

その後代車などの関係でご入庫をちょっとお待ちいただいていたのですが、その間にも「不規則」にヒューズが切れるとのことで入れ替えてやるとしばらくは大丈夫でいつの間にかまた切れている・・・・とのこと。。。

ご入庫いただいた時もヒューズを入れ替えるとしばらくは何の問題もありませんでした。

「パワーステアリングのヒューズが切れる」現象だったので、その回路の部分をいろいろと調べたりもしましたが、あまり原因がわかりません/(-_-)\

困りながら診断していると、キーを入れるたびにヒューズが飛ぶ症状になりました。

「今が原因を探るチャンス!!」ということで、配線図とにらめっこしながら調べますが・・・・全然原因がわかりません。。。でも間違いなく「NO5」のヒューズは飛びます。。。。

なんでやねん!と思いながら、ふとヒューズの構成の一覧を見てみるとこの「NO5」のヒューズはパワーステアリング関係だけでなくエンジンルームの「バキュームポンプ」のヒューズも兼ねています。

その瞬間「!!」と思ってその「バキュームポンプ」の配線を外すと・・・・もうヒューズは飛ばなくなりました(^_^)

このバキュームポンプはエンジンのインレットマニホールド負圧を「補助」するためのもので、特に朝一番などのエンジン作動時にブレーキサーボの負圧を作り出してやる?ものです(たしか・・・)

なので冷間時だけ作動する(だったと思います。間違っていたらすいません)ので、通常の気温などの時には作動せずにヒューズが切れない現象が起こっていたようです。

ということで部品を用意して交換して無事解決ですヽ(´▽`)/

ちなみにこのバキュームポンプ、価格は¥85680!!もします。。。

なので海外からOEM商品を輸入して交換させていただきました。 このモーターポンプが¥85680は高すぎやろ。。。。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

次へ »