ブログ > ブログ > スウェーデン旅行記③

スウェーデン旅行記③

   

スウェーデン旅行記③

2018.06.15

スウェーデン旅行記② からの続きになります。

 

ということでスウェーデン第2の都市「イエーテボリ/ヨーテボリ(Göteborg)」に到着したわけですが、この時は残念ながら雨。。。

でも古い街並みには雨の姿もそれはそれで映えますね。

 

翌日にボルボ本社近くまで行くのでこのイエーテボリ駅で事前に電車の乗り継ぎなどを調べようということで色々探索?してみます。

 

最初はバスで行こうかと停まっていたバスの運転手に話を聞いてみると、「黄色かオレンジのビブスを着たスタッフが色々な所にいるから彼らに聞いてみてくれ。我々ドライバーの仕事は乗った人をしっかり送り届けるのが仕事、案内はそのビブスの係の仕事だ!」(ウインクと親指でサムアップ!しながら)とかっこ良い!返事でした。

なので、ビブスを着たスタッフを探し地図を見せながら明日行きたい場所を示しますが・・・何とも煮え切らない返事で、スマホで検索しています。。。えっ?案内のスタッフでもそんな感じ??と不安になりながら・・・。

切符はどこで買えばよいか聞いてもはっきりした返事が返ってきません。。。

 

仕方ないので色々なカウンターを探して聞いてみますが、先々で「ここは違う」「ここは違う」と言われるばかりで「じゃあどこに行けば良い?」聞いても教えてもくれません。

ストックホルム中央駅のような案内所も無さそうやし・・・(先のビブスのスタッフに聞くと案内所の場所を教えてくれましたが、いくらその場所を探しても見つかりません(+_+))。

まぁ大まかな行き方はわかったので電車に乗ってその場で切符を買おうということになり、今日のところはホテルで荷物を置いてから街を散策しにいくことにしました。

(この判断が失敗だったことにあとで気づきます。。。。)

 

イエーテボリは港町なので魚介類が多いそうですが、魚市場が観光の一つとなっているようなのでブラブラと向かいます

海外に行くときはインターネットで調べたり「地球の歩き方」を参考にしていますが、そのどれを見てもおススメの観光地に上の画像のスウェーデン語で魚教会と呼ばれているとの「ヨーテボリ魚市場」に行くことにしました。

僕は海産物が大好きなので北欧の港町はどんな色々な海産物があるのか!!と楽しみにいきましたが・・・まぁ日本の各所のフィッシャーマンズワーフのほうが間違いなく充実していますね(^^;)笑

ロフトのようになっているところにレストランのようになっているので画像の貝とエビとザリガニ/ロブスターやガーリックトーストを食べました。

見た目以上に高額でした(笑)

 

残念ながら大雨の中の散策だったので移動の事もあり、夜はどこかに出かけようと思いながらもホテルで一服しているうちにいつの間にか熟睡して次の朝を迎えました。

 

さあ!今回の旅の一番の目的のボルボ本社に向けて出発です!

 

先ずはイエーテボリ駅に行ってもう一度ガイド?の人達に聞いてみますが、前日同様要領を得ません。。。

何とか案内所を見つけるも(駅から地下道を渡ってかなり遠くのビルの下にありました(-_-;))11時くらいの開店(その時は9時前だったと思います)で、待っていられないのでグーグルで検索したスマホの画面を見ながら近くの路面電車?の駅で電車を待ちます。

さて・・・私は切符やパスを持っていません。。。購入したいのですが前日に続いてどうしたら購入できるのか聞いてもあんまりわかりません。。。

ネットで色々なサイトをみても英語ではなくスウェーデン語なのでさっぱりわかりません。。。。

何本か電車が通過した時に乗客の様子をみても、皆な勝手に乗って勝手におりて・・・まるで完全な無料の電車の様で、誰一人切符やパスを機械などに照らしたりしません。。。

 

これは困った。。。そうだ、電車に乗って車掌か運転手に聞いてみよう!という事で当該の電車に乗りますが・・・・車掌さんいなくて運転手に話しかけられる様にはなっていません。。。やばい・・・乗っている間に乗客を見てもパスをタッチするであろう機械はあるのですが、誰一人使ってなく勝手に降りたり乗ったり・・・。

 

よし!グーグルの案内では降りる駅は中継の少し大きそうな駅な感じやし、そこで駅員もいるやろうからそこで事情を話して清算や目的地の切符を買おう!という事にしました。

そしてその乗り継ぎの駅について降りてみると・・・

あれ?完全に無人駅やん!目の前にショッピングモール?的な施設もありますが、ほとんど閉まっていて人の気配もごくわずか。。。ヤバい・・・・こんなどこにいるのかもわからない場所でどうしたらいいのやろ・・・と思ってうろうろとしているとビブスを着たスタッフらしき数人の人が!

彼らのところに行って事情を話し乗り継ぎの事も教えてもらいますが、切符の事は聞いても要領をえません。。。

 

罪悪感を持ちながら教えてもらったバスの停留所で待っているとバスがやってきましたので乗り込みます。

運転手に話をしても「私に聞かれてもわからない」的な返答。。。

そうこうしていると芝生がたくさんの地域に入り、「VOLVO」のロゴや旗が見えました!

最後に運転手にお金や切符の事を言っても「早くそのまま降りろ」的な感じなのでそのまま降りました。。。

なんか心に引っかかりながら・・・いや、私はやるだけはやった!、 と気持ちを切り替えて念願のボルボ本社(見学者用のビジターセンターですが)に着いたことを喜ぶことに(´▽`)

(この写真はボルボXC90の試乗車?に乗って敷地内を走行していた白人の親子が撮ってくれました)

でもまだこの後もアンラッキー?(というのは失礼で完全に私が悪いのですが)なことは続きますが、それは次のお話で(;^_^A

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント フィード

コメント





下記のXHTMLタグを使用することができます
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>