ブログ > ブログ > 久々整備ブログm(__)m ボルボV70/オルタネータ・ボルテージレギュレター交換

久々整備ブログm(__)m ボルボV70/オルタネータ・ボルテージレギュレター交換

   

久々整備ブログm(__)m ボルボV70/オルタネータ・ボルテージレギュレター交換

2018.04.26

申し訳ございません、なんだかんだと丸々1年ほど整備のブログを休止させていただいておりましたm(__)m

色々と理由はあるのですが、以前ほどではないかもですがまた更新していきたいと思いますのでまたお付き合いお願い出来ましたら嬉しいです(^^♪

 

現在「スウェーデンのお土産グッズプレゼント」をさせていただいております!

ご応募まだの方は是非お待ちしておりますね!

**人気がトートバックにに集中しています(10倍以上の人気です)、まだご応募のないグッズなら当選する可能性も高いのです。

既にご応募いただいた方でもアイテムの変更も大丈夫ですよ!

 

今回は今年になって月に何件か続いている不具合で、ボルボV70(2006年式、YV1SW~)の発電機系の不具合です。

特に不具合もなく走行中などにメーターのエラーボードに「バッテリー デンアツフリョウ」と表示されたりします。

一般的な傾向として、2代目ボルボV70やボルボS60などで2000~2004年くらいまでは上記のエラーメッセージが点灯してバッテリーがそのうち上がって走行できなくなる、そして2005年以降はエンジンをかけ直すと一旦消えるが、またしばらくするとエラーメッセージが点灯するといった感じです。

これはオルタネータのボルテージレギュレターの不具合のうち、前期型は部品の内部不良での破損・後期型は単純に電極ブラシの摩耗によるものではないのかな?と思ったりしています。

オルタネータ・ボルテージレギュレターの前期型と後期型は見た目はほぼ一緒ですが、内部が違うようで互換性は有りません。

ちなみになかなか高額な部品で、ボルボ純正ですと前期型で¥30,240-、後期型だと¥54,432-もします。。。(@_@)

サンクス&トラストでは両方の型もボルボ純正よりもリーズナブルな海外OEM部品(とは言ってもボルボ純正と同じメーカーです)のご用意があります。

上の画像3枚目の色付きの矢印の部分が「ブラシ」と呼ばれる部分で。下の黄色矢印の方が短いのがお分かりになられると思います。

このブラシの先の電極棒への接触が弱く?なり接触不良になったりするようです。

最近ちょっと増えてきたこともあってサンクス&トラストでは約10万キロ目安でご提案させていただいたりもしています。

せいや。

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント フィード

コメント





下記のXHTMLタグを使用することができます
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>