TOPページ > ブログ > ボルボV70 「スベリドメイジョウ~~」警告灯点灯

ボルボV70 「スベリドメイジョウ~~」警告灯点灯

   

ボルボV70 「スベリドメイジョウ~~」警告灯点灯

2016.11.06

今回はボルボV70(2006年式、YV1SW~)のお客様からのお問い合わせで「時々『スベリドメイジョウ~~』の警告灯が点灯するときがある」とのご依頼です。

2代目ボルボV70の後期タイプ(2005年以降)のお客様なら比較的定番?な不具合ですね?!

主な原因は2つありますが、内容はボルボテスターによる故障診断が必要になります。

ということで確認してみると・・・

その2つの原因がともに入力されていました(^^;)

1つはブレーキフルードの圧力を測定する「ブレーキプレッシャーセンサー」でこれはBCMユニット近くのブレーキパイプに2か所同じものが取り付けられています。

もう一つはハンドル/ステアリングの回転位置を測定している「ステアリングアングルセンサー」(SASユニット)になります。

ハンドル/ステアリングの奥に取り付けられていてハンドル/ステアリングを取り外して交換します。

こちらのステアリングアングルセンサーはメルセデスベンツなども年式によってはよく壊れる部品のようです。

ただ問題は上記いずれの部品も部品の雰囲気?!のわりに非常に高額(1つ約5万円程度)で、しかも壊れている/壊れる確率も多いのでなかなか中古部品が使いにくいということがあるので、直さずにそのままお乗りのオーナー様も少なくない感じです。

ただよく/または常時「スベリドメイジョウ~~」と警告メッセージや「!」マークが点灯するので、ちょっと鬱陶しいといえば鬱陶しいですね。。。

という事で今回はこの2つの部品を交換させていただきました。

ブレーキプレッシャーセンサーは取り付けは部品自体がネジになっているので、そのまま部品を緩めて交換しブレーキフルードがこぼれるので交換したあとにブレーキフルードの「エア抜き」をします。

ステアリングアングルセンサーはハンドル/ステアリングとコラムカバーなどを脱着して交換するだけなので、さほど難しくはありませんが、ステアリングアングルセンサーは取り付け位置がある為むやみに取り付けると内部の配線が切れてしまうので注意が必要です。

せいや。
(アイコンをクリックしていただいてランキングUPにご協力くださいね!)
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 車ブログ ボルボへ
にほんブログ村

トラックバック URL

コメント & トラックバック

コメントはありません。

コメント フィード

コメント





下記のXHTMLタグを使用することができます
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>